What is Original ? / オリジナルとは?

Strictly speaking, it is not easy to answer the question “What is the Original?” It may be safe to basically think “Original don’t exist”. At one time, it is assumed that one person produces a work that is judged to be “Original” by himself and other people as a matter of course. However, that idea may be obtained from others. Also there might have been very similar work in the past. And it may be that he forgets or can’t recognize that he gotten the idea from others or he was influenced by looking at similar works before.

厳密に考えると、「オリジナルとは?」の問いに答えることは容易ではない。「オリジナルは存在しない」と基本的に考えていく方が無難かも知れない。ある時、ある人間が、本人はむろん他者から見ても文句なく「オリジナル」と判断される作品を産み出したとする。しかし、その発想は他から得ているかも知れない。酷似した作品が過去にあったかも知れない。そして、発想を他から得ている事や似た作品を以前に見てつよい影響を受けたことを、本人が忘れたり自覚していないだけかも知れない。

“APAROS PLAN – AI Robot as My Aleter Ego” / 『APAROS計画-私の分身としてのAIロボット』

My book “VISION of BODY” will be published at the end of August 2018. This plan is one of its memorial events.

Utilizing the experience of participating in “Articulated Joint Robot Project” in collaboration with Japan Aerospace Exploration Agency(JAXA) on 2004-2006, I also added what I have been considering later, as “APAROS Plan – AI Robot as My Alter Ego“, this is scheduled to be presented at Kopernik Science Center in Warsaw,Poland on September 27 2018.

APAROS collects useful information from all over the world as my “Secretarial Robot” on the Net. and supports my movements as a “Robot Suit” in the real world, also when I take off it, it will be working as a “Humanoid” which take action together. After my death, APAROS will take over all my skills and memories to the artificial brain, and regenerate to the surplus dimension world as “New Me” to survive to the end of the universe.

Apart from discussing the feasibility and ethics of APAROS, APAROS will belong to “One of Best Dreams” among the myriad dreams that humans dream of. It is a challenge to see the end of the universe. I have set APAROS Realization as one of my life work.

2018年8月末に出版される予定の私の『身体の夢』。その記念イベントの一つとして。

2004~2006年にJAXAとの共同研究の中で多関節ロボットプロジェクトに参加した経験を生かし、その後考えてきた内容を加え、『APAROS計画-私の分身としてのAIロボット』として、2018年9月27日にワルシャワのコペルニクス科学館で発表する予定になった。

APAROSは、Net上では私の「秘書ロボット」として私に有用な情報を世界中から集め、現実世界では「ロボットスーツ」として私の動作を支援し、それを脱いでいる時には「ヒューマノイド」として私と行動を共にする。私の死後には、私のスキルと記憶の全てを人工脳に引き継ぎ、「新しい私」として余剰次元世界に再生し、宇宙の終末まで生き抜く存在になる。

このようなAPAROSの実現可能性や倫理についての議論は別に語るとして、APAROSは人間が夢見る無数の夢の中の最高の夢の一つに属することになるだろう。宇宙に対し、その終わりを見届けようという挑戦だからである。私は、APAROSの実現を自分のライフワークの一つとして定めた。

Design Workshop / デザインワークショップ

「social design 6 / 社会デザイン 6」

The essence of Space Dance is “Recovering Lost Memories” and “Digitization of Tacit Knowledge“. We will hold the following “Design Workshop 1-6” to realize these themes. 

[Design Workshop 1] Object 1
We make several objects which suggest the amicable relationship between the body and the space.

[Design Workshop 2} Object 2
We make the several objects which support a dance with the affordance by space dancers.

[Design Workshop 3] Image of History of Posture’s Evolution
We express the several postures which space dancers realize in Space Tube as “Image of History of Posture’s Evolution, Fish, Amphibia, Quadrupted Animal, Bird, Monkey, and Human”.
 
[Design Workshop 4] 4 Rooms
We design “4 Rooms, Balance and Postute, Light and Darkness, Real and Virtual, Restoration and Contemplation” to develop the way to exhibit Space Tube.

[Design Workshop 5] New Office for New Genaration 
We develop Space Cube as a compact version of Space Tube, then we design “New Office for New Generation” using by Space Cube.

[Design Workshop 6] Living Room at the Environment of Less-Gravity Condition
We imagine that in the near future the Humans will start the residence on the Moon also on the Mars, then we design “Living Room at the Environment of Less-Gravity Condition” using by the improved Space Tube or the improved Space Cube.

スペースダンスの核心は「記憶の回復」と「身体知の情報化」である。こ の核心を実現するために必要な作業として、以下のデザインワークショップ1-6を実施する。

[デザインワークショップ1] オブジェクト1
身体と空間の親和的関係を暗示するオブジェクトを制作する。

[デザインワークショップ2} オブジェクト2
スペースダンサーが試みるアフォーダンス的ダンスを支援するオブジェクトを制作する。

[デザインワークショップ3] 姿勢の進化史映像
スペースチューブの中で実現される多様な姿勢を「姿勢の進化史映像」として表現する。
 
[デザインワークショップ4] 4つの部屋
スペースチューブ使用方法の展開として「4つの部屋~姿勢とバランス・光と闇・リアルとバーチャル・癒しと思索」をデザインする。

[デザインワークショップ5] 新世代オフィス
スペースチューブのコンパクト版としてスペースキューブを開発し、スペースキューブを設置した「新世代オフィス」をデザインする。

[デザインワークショップ6] 減重力環境における居住ルーム
近い将来に人間が月や火星での居住を開始することを想定し、改良型スペースチューブ或いはスペースキューブを使用した減重力環境における居住ルームをデザインする。

© 2015 Tokyo Space Dance