Space Dance Tokyo & Other Cities 2018-2020 / スペースダンス東京 & 海外都市 2018-2020

We have a plan to hold “SPACE DANCE TOKYO & Other Foreign Cities 2018-2020, Exhibition + Kids Space Dance + Space Dance Workshop & Performance + Photo Gallery” as the exchange program between Tokyo and Sao Paulo, Mexico City, Miami, New York, Kampala, Izmir, Istanbul, Ankara, Berlin, Warsaw, and other cities at Tama-Rokuto Science Center as a foothold on September 2018-September 2020 in Tokyo. At first we hold Space Dance Project at Museum, Science Museum, Arts Center, University, and School in each cities, then we show its fruits at Tama-Rokuto Science Center.  

And, through this plan, we will form “International Team A & B & C, Produce team + Art & Science team + Space Dancers” which we need it in order to open “SPACE MUSEUM”. Then, we challenge to start “SPACE MUSEUM” from 2021 at several cities in the world.

If today’s our information society goes on with this momentum, and if we can’t establish a good way to use the progress of virtualization effectively, our humans will lose the general body sensation and we will stagnate the brain’s power, then we wonder we will lose the hope to the future. So, we will restore “Power of Real Body” by Space Dance Project, and learn the way “How to make use of Real and Virtual effectively together?“. Then, we will train “Scientific Sense” that both the adult and the children need to live well in the modern world.

If you are interested in this plan and “International Team A & B & C” please contact with Tokyo Space Dance to “jv4t-fkhr@asahi-net.or.jp” or “mine.soyler@gmail.com“. We send to you its information more exactly.

私たちは、2018年9月〜2020年9月の期間に、『スペースダンス東京 & 海外都市 2018-2020〜体験型展示 + こども宇宙ダンス + スペースダンスワークショップ&公演 + 写真展』を、東京の多摩六都科学館を拠点とし、サンパウロ・メキシコシティ・マイアミ・ニューヨーク・カンパラ・イズミール・イスタンブール・アンカラ・ベルリン・ワルシャワ等との交換プログラムとして実施する計画です。海外の美術館・科学館・アートセンター・大学・諸学校等でスペースダンスプロジェクトを開催し、その成果を多摩六都科学館で発表します。

そして、以上の計画を通じて『スペースミュージアム』運営に必要な『国際チームA & B & C〜プロデュースチーム+アート&サイエンスチーム+スペースダンサー』を形成し、2021年より、内外複数都市で『スペースミュージアム』開館に挑戦します。

現代の情報社会がこのままの勢いで進み、仮想化を有効利用する方法を確立できないなら、人間は全身的身体感覚と脳の力を停滞させ、未来への希望を失っていくかも知れません。私たちは、スペースダンスプロジェクトにより「リアルな身体の力」を回復させ、「リアルと仮想を共に生かせる方法」を学び、現代世界を生きるために大人たちにもこどもたちにも必用な『科学的センス』を育成します。

以上の実施計画と「国際チームA & B & C」形成にご関心のある方は「jv4t-fkhr@asahi-net.or.jp」或いは「mine.soyler@gmail.com」までご連絡ください。詳しい資料をお送りします。

Symposium “INTERNATIONAL BUTOH” / シンポジウム『国際舞踏』

I could receive an information about a symposium “INTERNATIONAL BUTOH” from Vangeline. I will hold it together with her on November in New York this year. From Sao Paulo, Cristina Elias will join this symposium as one of speakers. After this symposium My performance and Vangeline’s performance will be hold as 3 days program. Now we see a phenomenon called “2nd Butoh Boom” gets around the world, so this symposium will be an important meaning for it. We have a possibility to jump up Butoh to a new field beyond the difference of “Butoh with Darkness” and “Improvisation Butoh”.

今年11月にバンジェリンとニューヨークで開催するシンポジウム『国際舞踏』の案内が、彼女から送られてきた。サンパウロから、クリスティーナ・エリアスもスピーカーの一人として参加する。シンポジウム後には、僕とバンジェリンの公演が3日間実施される。世界中で「第二次舞踏ブーム」が広がっているため、このシンポジウムは大きな意義をもつだろう。舞踏は、「暗黒舞踏」と「即興舞踏」の違いを超えて、新しい領域にジャンプすることが可能である。

●Symposium “INTERNATIONAL BUTOH”
[date] November 13 18:00 
[venue] Howl! Art in Manhattan (6E 1st St, New York, NY tel; 917 475-1294)
[fee] free admission
[3 themes] “What is Butoh?”, “International Butoh”, and “What is Space Dance?” 
[demonstration] Tetsuro Fukuhara and Vangeline
●Performance “FLOWER SECRET by Tetsuro Fukuhara” and “Vangeline Theater”
[date] November 17 & 18 & 19
[venue] Triskelion Arts in Brooklyn
[require] Vangeline; vangelinetheater@yahoo.com / Tetsuro; jv4t-fkhr@asahi-net.or.jp

 

What is Space Dance? Together with 5th Dimension World / スペースダンスとは何か? 五次元世界と共に

「Study for Dance 8 / ダンスの研究8
Influenced by Lisa Randall’s hypothesis of “5th Dimension World“.

When “he” stands up in a Space “FLUCTUATION” will come up. The audience see him as a dancer who lives in a Space and see him as a dancer who dances as a Space. There, a Space moves with a “FLUCTUATION” together with his movements. 5th Dimension World appears into this “FLUCTUATION” in a Space, so he is dancing while he is bring 5th Dimension World into our world. At last the audience start to think about him, he exists both into our world and into 5th Dimension World same time as a double-existence.

リサ・ランドールの仮説『五次元世界』に刺激されて。

<>がその空間に立つと、空間に<ゆらぎ>が生まれる。観客は、空間に住み込み空間としてダンスしている彼を見ている。そこでは、空間が、彼の動きと共に、ゆらぎつつ動いている。五次元世界は、この空間のゆらぎの中に現れる為、彼は五次元世界を引き入れつつその空間でダンスしている。そのため、観客には、彼が私たちの世界と五次元世界に同時に存在しているようにダブって見えてくる。

最終の到着地点? / final destination?

マリインスキーバレー団のロパートキナをテレビで見た。そのダンスは素晴らしかった。超絶的といえるダンステクニックと舞台の構成力が凄い。確かに彼女は世界で一位・二位を競う美しいダンサーかも知れない。しかし、「10分」だけに限れば、チリネも負けてはいない。チリネのダンスには深みがあり、ロパートキナと同じような清廉な美がある。簡単に優劣をつけ難い。ならば、この「10分」を、趣向を変え、間を入れながら、数回繰り返せば舞台は成立する。ロパートキナのダンスには年齢制限があるが、舞踏には年齢と共に成熟を可能にするという特別な力がある。チリネのダンスがロパートキナのような世界的評価を得られなくても、彼女の心にダンスがもたらす「至福な感情」が満ちる限り、それは問題ではない。

問題は、ダンスを愛したチリネが、年齢の壁を超えてダンサーとして成長していけるという事だ。例えば、日本には、舞踏だけではなく、武原はんや井上八千代のような高齢の素晴らしい舞踊家を生み出す地唄舞もある。チリネが、引退の必要もなく、60才になり、80才になり、そのような深みのある美を湛えたダンサーとして成長するならば、それこそが最終の到着地点として素晴らしい。

© 2015 Tokyo Space Dance