リタールとの再会 / Meeting again with Lital

Share on Facebook
Share on LinkedIn

「戦略の研究7」
カナダの編集者・キュレーターのリタールと再会でき、今年、まずはモントリオールで建築家やデザイナーと組んだ『ダンスの後にデザイン』というプロジェクトがスタートする。彼女は日本文化に対して「身体をベースとした、グローバルな思考実験」とコメントし、とてもよく理解してくれている。さらに、日本の舞踏や荒川修作を愛し、私のスペースダンスプロジェクトにも参加してくれる事になった。
 
その際の彼女の、スペースダンスプロジェクトの象徴的インスタレーションであるスペースチューブに対する理解は「スペースチューブはバウンダリーオブジェクト(境界に立つオブジェクト)であり、その終点に到達していない」というもの。僕の考えとまったく同じだ。スペースチューブはバウンダリーオブジェクトとして、終着点をもたないが故に、無限の可能性をもち、他の空間デザインの媒体になれる。私はいま、リタールという最良の恊働者の一人に巡り会っているのだ。
Last month, I could meet again with Lital Khaikin, Canadian editor and curator. Then, this year i can start “Design after Dance” project together with her, Canadian architect, and designer to develop Space Dance Project in Montreal this year. Her understanding about Japanese Culture is “A global thought experiment, but with the body“, i think this is very nice for our japanese. Also she love Japanese Butoh and Shusaku Arakawa’s architectural works so much, so she could join my Space Dance Project.
 
Also, she could understand about a Space Tube, a symbolic installation of Space Dance Project, as “Space Tube is a Boundary Object, it is not an end in itself“. Her understudying is perfectly same with my thinking. Yes, Space Tube is not an end in itself, so Space Tube have unlimited possibilities, we can develop several images about new spaces based on Space Tube. So, in short, now i could meet with her as one of ideal collaborators.
© 2015 Tokyo Space Dance