国際舞踏とバンジェリン / International Butoh and Vangeline

Share on Facebook
Share on LinkedIn

「ダンスの研究4」
私はこの数年よく思う。早く「国際舞踏」が定着して欲しいと。外国人の舞踏家はものすごい勢いで増えているので、それも夢ではない。柔道でも、1964年東京オリンピックの無差別級でオランダのヘーシンクが金メダルを取ってから、柔道界は一変した。柔道における「日本神話」は崩壊し、海外の柔道家たちが柔道のメッカである日本の講道館に柔道を習いに来るのではなく、ヘーシンクのところに習いに行くようになったからだ。こうして、「国際柔道」が始まった。
私には、バンジェリンも同様に見える。彼女は、ニューヨーク在住のフランス人舞踏家。まさに彼女はフランス人で、特に美に対するセンスに優れ、日本の舞踏家が真似できないオリジナルな美の世界を描いている。同じ「愛」を描いても、日本映画とフランス映画ではまるで表現される「愛」の質が違うのと同様だ。そして、彼女の舞踏に対する熱の入れ方は日本的に言えば「求道的」で、その姿も人を惹きつけている。そして、このバンジェリンのところに日本人が何人も舞踏を習いに来ているのである。彼女は、私には「国際舞踏」を可能にする女ヘーシンクの一人のように見える。
In these years, several times i think one theme about “International Butoh”. I hope soon it will be established in the world. Now i know many Foreign Butoh Dancers there, so it will be not a pipe dream. In Judo World, after a time when Antonius Geesink, Hollander Judo Player, could get a gold medal at Tokyo Olympic Game on 1964 in Japan, Judo World underwent a complete change. Because “Japanese Mythology” in its world collapsed, and many Foreign Young Judo Players started to come to Geesink to study a Judo, not come to Kodokan, a Mecca of Judo, in Tokyo. Then, “International Judo” could happen.
Like that, for me, it seems Vangeline keeps same kind of possibility with Geesink. Vangeline is a French Butoh Choreographer, she lives in New York. I know her sense for the beauty is great, just as French artist she could continue to express very beautiful original worlds on the stage. Our japanese Butoh Choreographers can’t express that kind of beauty. We have same condition, for example when we see a film about “Love” we find very different 2 qualities about love between Japanese film and French film. Also, her attitude to master a Butoh is like a seeker after truth, so people love her daily way too. Now several japanese dancers come to her to study a Butoh. So, i believe, sure Vangeline will be one of woman-Geesink to establish “International Butoh”.
© 2015 Tokyo Space Dance