身体発バウハウス / BAUHAUS based on Body

Share on Facebook
Share on LinkedIn

「社会デザイン5 / social design 5」

私たちが構想中の、「身体発バウハウス」としての、アナログ的表現とデジタル的表現の両者を採用する『スペースミュージアム』。このような、一方の表現だけに傾かない新しいタイプの「融合型文化施設」に対する需要は、最近GoogleやMicrosoft等も参加した人工知能・ロボット・VR・自動走行車などの世界が盛んになるほど、ますます増えていくだろう。人間には自分の身体のデジタル化が不可能な以上、デジタル的体験は人間の心に身体へのアナログ的なつよい郷愁を呼び起こすからである。私たちにはアナログ的表現とデジタル的表現の両者が必要なのである。

Our “SPACE MUSEUM”, now we are planing it as “BAUHAUS based on Body”, at this museum we will use both 2 expressions by analog way and by digital way. We think that when the world of Artificial Intelligence, Robotics, Virtual Reality and Automatic Driving Car will be prospered more, like recently Google, Microsoft and so on join this world, the demand for this kind of new type “Harmonized Cultural Institution” with 2 expressions will increase year by year. Because our human can’t change our body as digital existence, so the experience by digital way itself will awaken a storing nostalgia for the body in our mind.

© 2015 Tokyo Space Dance