月別アーカイブ: 2015年7月

(株)スペースミュージアム/SPACE MUSEUM Corp.

(株)スペースミュージアムがスタートしました。この会社の目的は、スペースチューブ(イベント用・施設用・家庭用)を開発し内外に普及させること、そして『スペースミュージアム』を開館することです。

東京スペースダンスでは、これまで通り『スペースダンス・イン・ザ・チューブ〜体験型展示 + こども宇宙ダンス + スペースダンスワークショップ&公演 + 写真展&映像展』をイベント事業として内外で展開します。

スペースチューブは、2001年4月ニューヨークの国連本部のイベントで海外デビューし、JAXA(宇宙航空研究開発機構)との共同研究(2004-2006)を通じて国内でも社会的にデビューしました。擬似的無重力と新しいバランス感覚を体験できる「やわらかい空間」です。スペースチューブは、アートやデザインの世界でも「<境界>に位置するもの〜バウンダリー・オブジェクトとして注目され、体験する誰をも笑顔にする「魔法」をもっています。

(株)スペースミュージアム東京スペースダンスによる事業をさらに世界規模で展開し、2018年6月に東京とイスタンブールで「スペースミュージアムを開館するために、「キュレーター・アートプロデューサー・マネージャー・営業スタッフ・デザイナー・建築家・ダンサー・アーティスト・メディアアーティスト」等の参加を内外に求めていきます。ご関心のある方は、jv4t-fkhr@asahi-net.or.jpまでお問合せください。

We started SPACE MUSEUM Corp. in Tokyo. The aim of this company is to spread a Space Tube as the commodity for the museum, for the institution, and for the house in the world.

Also, as Tokyo Space Dance, we will continue to hold “Space Dance in the Tube, Exhibition + Kids Workshop + Space Dance Workshop & Performance + Photo Gallery & Video Gallery” in the world.

Space Tube could debut at the United Nations in New York on April 2001, and it could debut through a study with Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) on 2004-2006 in Japan too. Space Tube is a “Soft Space” using by a special cloth, everybody can experience “Condition like a Non-gravity” and a “New Balance” in a Space Tube. Also Space Tube can attract a person’s attention in the field of Art and Design as a “Boundary Object, an object which stands on the border“, and it has a Magic to make a smile with everybody.

So, now for SPACE MUSEUM Corp. and Tokyo Space Dance, we will try to find curator, art producer, manager, business staff, designer, architect, dancer, artist, media artist and so on to develop the projects more and more and to open “SPACE MUSEUM” at first in Tokyo and in Istanbul on June 2018. If you are interested in our projects please contact with us to jv4t-fkhr@asahi-net.or.jp

© 2015 Tokyo Space Dance