月別アーカイブ: 2018年6月

Design Workshop / デザインワークショップ

「social design 6 / 社会デザイン 6」

The essence of Space Dance is “Recovering Lost Memories” and “Digitization of Tacit Knowledge“. We will hold the following “Design Workshop 1-6” to realize these themes. 

[Design Workshop 1] Object 1
We make several objects which suggest the amicable relationship between the body and the space.

[Design Workshop 2} Object 2
We make the several objects which support a dance with the affordance by space dancers.

[Design Workshop 3] Image of History of Posture’s Evolution
We express the several postures which space dancers realize in Space Tube as “Image of History of Posture’s Evolution, Fish, Amphibia, Quadrupted Animal, Bird, Monkey, and Human”.
 
[Design Workshop 4] 4 Rooms
We design “4 Rooms, Balance and Postute, Light and Darkness, Real and Virtual, Restoration and Contemplation” to develop the way to exhibit Space Tube.

[Design Workshop 5] New Office for New Genaration 
We develop Space Cube as a compact version of Space Tube, then we design “New Office for New Generation” using by Space Cube.

[Design Workshop 6] Living Room at the Environment of Less-Gravity Condition
We imagine that in the near future the Humans will start the residence on the Moon also on the Mars, then we design “Living Room at the Environment of Less-Gravity Condition” using by the improved Space Tube or the improved Space Cube.

スペースダンスの核心は「記憶の回復」と「身体知の情報化」である。こ の核心を実現するために必要な作業として、以下のデザインワークショップ1-6を実施する。

[デザインワークショップ1] オブジェクト1
身体と空間の親和的関係を暗示するオブジェクトを制作する。

[デザインワークショップ2} オブジェクト2
スペースダンサーが試みるアフォーダンス的ダンスを支援するオブジェクトを制作する。

[デザインワークショップ3] 姿勢の進化史映像
スペースチューブの中で実現される多様な姿勢を「姿勢の進化史映像」として表現する。
 
[デザインワークショップ4] 4つの部屋
スペースチューブ使用方法の展開として「4つの部屋~姿勢とバランス・光と闇・リアルとバーチャル・癒しと思索」をデザインする。

[デザインワークショップ5] 新世代オフィス
スペースチューブのコンパクト版としてスペースキューブを開発し、スペースキューブを設置した「新世代オフィス」をデザインする。

[デザインワークショップ6] 減重力環境における居住ルーム
近い将来に人間が月や火星での居住を開始することを想定し、改良型スペースチューブ或いはスペースキューブを使用した減重力環境における居住ルームをデザインする。

© 2015 Tokyo Space Dance