“APAROS PLAN – AI Robot as My Aleter Ego” / 『APAROS計画-私の分身としてのAIロボット』

Share on Facebook
Share on LinkedIn

My book “VISION of BODY” will be published at the end of August 2018. This plan is one of its memorial events.

Utilizing the experience of participating in “Articulated Joint Robot Project” in collaboration with Japan Aerospace Exploration Agency(JAXA) on 2004-2006, I also added what I have been considering later, as “APAROS Plan – AI Robot as My Alter Ego“, this is scheduled to be presented at Kopernik Science Center in Warsaw,Poland on September 27 2018.

APAROS collects useful information from all over the world as my “Secretarial Robot” on the Net. and supports my movements as a “Robot Suit” in the real world, also when I take off it, it will be working as a “Humanoid” which take action together. After my death, APAROS will take over all my skills and memories to the artificial brain, and regenerate to the surplus dimension world as “New Me” to survive to the end of the universe.

Apart from discussing the feasibility and ethics of APAROS, APAROS will belong to “One of Best Dreams” among the myriad dreams that humans dream of. It is a challenge to see the end of the universe. I have set APAROS Realization as one of my life work.

2018年8月末に出版される予定の私の『身体の夢』。その記念イベントの一つとして。

2004~2006年にJAXAとの共同研究の中で多関節ロボットプロジェクトに参加した経験を生かし、その後考えてきた内容を加え、『APAROS計画-私の分身としてのAIロボット』として、2018年9月27日にワルシャワのコペルニクス科学館で発表する予定になった。

APAROSは、Net上では私の「秘書ロボット」として私に有用な情報を世界中から集め、現実世界では「ロボットスーツ」として私の動作を支援し、それを脱いでいる時には「ヒューマノイド」として私と行動を共にする。私の死後には、私のスキルと記憶の全てを人工脳に引き継ぎ、「新しい私」として余剰次元世界に再生し、宇宙の終末まで生き抜く存在になる。

このようなAPAROSの実現可能性や倫理についての議論は別に語るとして、APAROSは人間が夢見る無数の夢の中の最高の夢の一つに属することになるだろう。宇宙に対し、その終わりを見届けようという挑戦だからである。私は、APAROSの実現を自分のライフワークの一つとして定めた。
© 2015 Tokyo Space Dance