t-elena-fukuhara のすべての投稿

Space Dance Design Workshop / スペースダンス・デザインワークショップ

My Tokyo Space Dance Team could hold a “Space Dance Design Workshop” at the Industrial Department of Istanbul Bulgi University by cooperating with the Performing Arts Department on October 2018. This design class based on the physical experience as Space Dance seems to be fresh for the students as well, so next year we could plan to hold it again with the scale further increased by getting involved in the Architectural Department. 20 years before, when I was a lecturer at Architectural Department of Musashino Arts University in Tokyo, the original form of Space Tube was born. Like that I hope the new designs for the body, the space, and the object will be born through Space Dance Design Workshop.

2018年10月、東京スペースダンスは、イスタンブールのビルギー大学・工業デザイン学科で、パフォーミングアーツ学科の協力を得て「スペースダンス・デザインワークショップ」を実施しました。身体的体験(スペースダンス)をベースにしたデザインクラスは学生たちにも新鮮だったようで、来年は建築学科の参加も得てさらに規模を大きくして実施する計画になりました。昔、私が東京の武蔵野美術大学・建築学科で非常勤講師をしていた時にスペースチューブの原形が誕生したように、ここから身体・空間・モノについての新しいデザインが誕生することを期待します。

EKHART SECRET / 一人の神殿

In a dream. he was left alone on a certain planet. Now, assuming a shared life with her he is striving to build a “Ekhart Secret – Single Shrine” by himself everyday. He don’t know she will come to this planet tomorrow.

夢の中で。ある惑星に一人残された彼は、彼女との共同生活を想定し、毎日一人で孤独に『Ekhart Secret / 一人の神殿』の構築に励んでいる。彼女が明日やって来ることも知らないで。

Beril, My Turkish Elena / ベリル、私のターキッシュ・エレナ

Taken by the young architect Ayse, I went to a small museum in the Sishane district of Istanbul at the morning of October 14. According to Ayse, there is a workshop of industrial designer Asli who is also my friend who is participating in the Design Biennale being held in Istanbul, starting from this museum. There were already about 20 participants in front of the museum. And only one person I found a woman who stood by taking a step from the group. She was so beautiful, so I couldn’t take my eyes off. That was Beril.

I know there are many beautiful women in Istanbul, but her beauty was special for me. Which point she was different from other beautiful girls? When I was watching her from a place a bit far away from her, I noticed that just she was quiet. She was standing quietly with a solitary and with a soft as if she lived in a different world and as if she was a spirit of a forest. I kept watching her for a long time not to noitce me by Beril. And, at the moment she saw me moving slightly, I was supprised again by her beauty and suddenly I thought that this girl is Elena I am looking for, she is Turkish Elena.

Elena is an another name of my first girlfriend when I was a high school student, she died at the age of 23 and I knew her death when I was 40, this event was a big shock to me. And, I believe, since then she has been living in a surplus dimension. Because she is an inhabitant of a surplus dimension, Elena is quiet as long as she shows up in our world. Beril is still quiet because she is Elena and emerges from a surplus dimension. I wonder if 5 or 10 minutes has passed since I thought like this. It was a happy time. And this quiet time was broken by the appearance of a cheerful Asli, who came late.

But, the next happy time that made me ecstatic and my heart flew into the sky came quickly in this museum. I wonder this museum is going to memorize a certain individual? Because it was an exhibit such as many toys, dolls of animal, costumes, furnitures, photographs, videos etc that one humans loved and used from childhood. So, I asked to Asli “Why are there so many memory-related exhibits?” and she answered “Well, I didn’t explain to you before? this is an individual art museum by Orhan Pamuk.” I was very suprised. Nobel Prize Author, Orhan is one of my favorite writers, and has a great influence on what I write. I never knew there was such a museum of Orhan. 

And I was further surprised. Because Beril stood quietly behind Asli with Ayse. “Why?”, I asked to Asli with a low voice and she said “Beril is my beloved apprentice. she is a young industrial designer, she makes things with a paper. today she come as my assistant” I got a big opportunity to talk with Beril. I talked fast with my usual way about Elena’s story and that she resembled Elena, for some reason she looked happy. So, I was happy too, then 
left me to the momentum, I talked about preparing a photographic book that was main character of Elena, and asked to her “But, I need more photos for this book. So, can I catch you?” S
he responded with a small whispering voice saying “It is fine.” Beril looked straight at my face, and she also said Elena’s story was interesting. Oh, exactly “my God!” I was linking with her. In our life, sometimes we need a big courage to try with a voice.

This development was entirely unexpected progress from the time when I first started to see Beril in front of the museum alone. Really, an unexpected encounter. Elena and Orhan Pamuk same time came together to me. Where the hell was I? Yes, my lovely Istanbul! Indeed, Istanbul, a city where several magical evensts will happen.

建築家の卵・アイシェに連れられて、私はイスタンブールのシュシャーネ地区にある小さな美術館に行った。アイシェによれば、イスタンブールで開催中のデザイン・ビエンナーレに参加している友人の工業デザイナー・アスリーたちのワークショップがあり、この美術館からスタートするという。美術館の前には既にその参加者たちが20人ほど集まっていた。そして、一人だけ、なぜかその集団から一歩引いたところに立っていた一人の女を見つけた。あまりに美しかったので、目が離せなくなった。それがベリルだった。

イスタンブールには美しい女が多いが、彼女の美しさは特別だった。どこが他の女と違うのかと少し離れた所から見つめていると、その特徴に気付いた。静かなのだ。まるで別世界に住み、亡霊でもあるかのように、彼女はひっそりと、やさしく立っていた。私はベリルに気づかれないように、ずっと彼女を見ていた。そして、彼女がわずかに動いて私の方を見た瞬間、私は再びその美しさに驚き、突然思った。この女は私が探しているエレナで、ターキッシュ・エレナなのだ。

エレナは、私の高校生の時の初恋の相手の別名で、23才の若さで死に、その死を私が40才の時に知り、それが私には大きなショックで、それ以来彼女はずっと余剰次元に住んでいる。と、私は信じている。余剰次元の住人なので、エレナがこの世に姿を見せる時には限りなく静かなのだ。ベリルが静かなのも、彼女がエレナで、余剰次元から現れているからだ。こんな風に思っている時間が、5分、或いは10分が過ぎただろうか。幸福な時間だった。そして、遅れてやってきた元気一杯のアスリーの登場により、この静かな時間が破られた。

しかし、私を有頂天にし,私の心を空に飛来させた2度目の幸福な時間が、この美術館の中ですぐにやってきた。この美術館には、或る個人の記憶を辿っているのだろうか、一人の人間が子供の時から愛し使ったと思われるおもちゃ・動物たちの人形・衣装・家具・写真・映像等の展示物で溢れていた。私が「なぜ? こんなに記憶に関する展示が多いの?」と隣に立っていたアスリーに聞くと、「え? 説明してなかったかしら? ここはオルハン・パムクの個人美術館よ」。私は驚いた。ノーベル賞作家・オルハンは私が特別に好きな作家の一人で、私が書くものにも大きな影響を受けている。オルハンにこんな美術館があったとは、まるで知らなかった。

そして、私は更に驚いた。何と、ベリルもアイシェと共にアスリーの背後に静かに立っていたからだ。「なぜ?」とアスリーに小声で聞くと、「ベリルは私の愛弟子。紙でモノをつくるデザイナー。今日は私のアシスタントで来ているの」と答えた。私はベリルに話しかける絶好の機会を得た。私は、彼女にいつものせっかちな早口で、エレナの物語と、彼女がエレナに似ている事を話すと、なぜか彼女は嬉しそうな顔をした。それで、私も嬉しくて、勢いに任せ、いまエレナを主人公にした写真集の出版を用意している事を話し、「まだ写真が不足しているので、ぜひ君を撮りたい。いい?」と聞くと、何と彼女はあっさりと「いいわ」と、ささやくような小さな声で答えた。ベリルは私の顔を真っすぐに見て、彼女もエレナの物語は興味深いと言う。おぉー、まさに「神よ!」です、私は彼女とリンクしていますね、勇気を出して声をかけてみるものです。

この展開は、私が最初に美術館の前で彼女を一人で見つめていた時間からすれば、まったくもって想定外の進行。本当に、思いがけない出会い。エレナと、オルハン・パムクが、私のもとに一緒にやってきた。私は一体どこにいるのか? 愛するイスタンブールだ。流石、イスタンブール。魔法の出来事が起きる街。

“VISION of BODY” Press Release / 『身体の夢』プレスリリース

Tetsuro Fukuhara’s “VISION of BODY” was published as English & Polish version by Pompka Foundation at the end of August 2018 in Warsaw, Poland.This book inspires timeless, creative exploration across the borders.This book is a futuristic vision of human being seen from Butoh Space Dance perspective. 

In this book Fukuhara  proposes towards the scientists and the designers to collaborate the research and the development depend on one important point believing that the  Tacit Knowledge hidden in dancer bodies can strongly influence further AI and robotics development.

In connection with the above proposal, Fukuhara will give the lectures entitled “APAROS – AI Robot as My Alter Ego” and “Kids Space Dance as a New Scientific Education“, also he will hold “Space Dance Performance” at Kopernik Science Museum in Warsaw on 27th September 2018.

Anita Zdrojewska, Pompka Foundation President says “I am very pleased to publish this unusual book. I think that what he accomplishes through his dance – New Butoh Space Dance – and what he writes in his book, redefines the concept of this form of art. I hope “Vision of Body” will inspire discussions and broadens our understanding of dance and its place in arts and modern world”.

福原哲郎の『身体の夢』が英語&ポーランド語版として、2018年8月末ポーランドのワルシャワでPompka財団により出版されました。これは、スペースダンスの視点からの人間の未来に対するビジョンであり、分野や時代を超えた創造的探求に読者を駆り立てる本です。

本書において、著者は、ダンサーの身体に蓄積された身体知が重要であること、この身体知がAIやロボット開発に独特で有益な役割を果たすことを述べ、科学者やデザイナーたちに対して、この点を考慮した研究開発をコラボレーションとして実施することを提案しています。

以上の提案に関連して著者は、2018年9月27日にワルシャワのコペルニクス科学館において、『アバロス~<私の分身>としてのAIロボット』と『新しい科学教育としての<こども宇宙ダンス>』と題する講演を行い、また『スペースダンス公演』を実施します。

この本を出版したPompka財団のアニタ・ツドロイエフスカは次のように述べています。「私はこの類まれな本を出版することができ、大変嬉しく思います。私は、福原がこの本で成し遂げたこと、そして書いたことは、芸術の形式やコンセプトに対する再定義だったと考えています。私はこの本を通じて、多くの議論が触発され、ダンスと芸術の現代世界における地位についての私たちの理解が拡張されることを願っています。」
© 2015 Tokyo Space Dance