カテゴリー別アーカイブ: activity

Space Dance Design Workshop / スペースダンス・デザインワークショップ

My Tokyo Space Dance Team could hold a “Space Dance Design Workshop” at the Industrial Department of Istanbul Bulgi University by cooperating with the Performing Arts Department on October 2018. This design class based on the physical experience as Space Dance seems to be fresh for the students as well, so next year we could plan to hold it again with the scale further increased by getting involved in the Architectural Department. 20 years before, when I was a lecturer at Architectural Department of Musashino Arts University in Tokyo, the original form of Space Tube was born. Like that I hope the new designs for the body, the space, and the object will be born through Space Dance Design Workshop.

2018年10月、東京スペースダンスは、イスタンブールのビルギー大学・工業デザイン学科で、パフォーミングアーツ学科の協力を得て「スペースダンス・デザインワークショップ」を実施しました。身体的体験(スペースダンス)をベースにしたデザインクラスは学生たちにも新鮮だったようで、来年は建築学科の参加も得てさらに規模を大きくして実施する計画になりました。昔、私が東京の武蔵野美術大学・建築学科で非常勤講師をしていた時にスペースチューブの原形が誕生したように、ここから身体・空間・モノについての新しいデザインが誕生することを期待します。

“VISION of BODY” Press Release / 『身体の夢』プレスリリース

Tetsuro Fukuhara’s “VISION of BODY” was published as English & Polish version by Pompka Foundation at the end of August 2018 in Warsaw, Poland.This book inspires timeless, creative exploration across the borders.This book is a futuristic vision of human being seen from Butoh Space Dance perspective. 

In this book Fukuhara  proposes towards the scientists and the designers to collaborate the research and the development depend on one important point believing that the  Tacit Knowledge hidden in dancer bodies can strongly influence further AI and robotics development.

In connection with the above proposal, Fukuhara will give the lectures entitled “APAROS – AI Robot as My Alter Ego” and “Kids Space Dance as a New Scientific Education“, also he will hold “Space Dance Performance” at Kopernik Science Museum in Warsaw on 27th September 2018.

Anita Zdrojewska, Pompka Foundation President says “I am very pleased to publish this unusual book. I think that what he accomplishes through his dance – New Butoh Space Dance – and what he writes in his book, redefines the concept of this form of art. I hope “Vision of Body” will inspire discussions and broadens our understanding of dance and its place in arts and modern world”.

福原哲郎の『身体の夢』が英語&ポーランド語版として、2018年8月末ポーランドのワルシャワでPompka財団により出版されました。これは、スペースダンスの視点からの人間の未来に対するビジョンであり、分野や時代を超えた創造的探求に読者を駆り立てる本です。

本書において、著者は、ダンサーの身体に蓄積された身体知が重要であること、この身体知がAIやロボット開発に独特で有益な役割を果たすことを述べ、科学者やデザイナーたちに対して、この点を考慮した研究開発をコラボレーションとして実施することを提案しています。

以上の提案に関連して著者は、2018年9月27日にワルシャワのコペルニクス科学館において、『アバロス~<私の分身>としてのAIロボット』と『新しい科学教育としての<こども宇宙ダンス>』と題する講演を行い、また『スペースダンス公演』を実施します。

この本を出版したPompka財団のアニタ・ツドロイエフスカは次のように述べています。「私はこの類まれな本を出版することができ、大変嬉しく思います。私は、福原がこの本で成し遂げたこと、そして書いたことは、芸術の形式やコンセプトに対する再定義だったと考えています。私はこの本を通じて、多くの議論が触発され、ダンスと芸術の現代世界における地位についての私たちの理解が拡張されることを願っています。」

“APAROS PLAN – AI Robot as My Aleter Ego” / 『APAROS計画-私の分身としてのAIロボット』

My book “VISION of BODY” will be published at the end of August 2018. This plan is one of its memorial events.

Utilizing the experience of participating in “Articulated Joint Robot Project” in collaboration with Japan Aerospace Exploration Agency(JAXA) on 2004-2006, I also added what I have been considering later, as “APAROS Plan – AI Robot as My Alter Ego“, this is scheduled to be presented at Kopernik Science Center in Warsaw,Poland on September 27 2018.

APAROS collects useful information from all over the world as my “Secretarial Robot” on the Net. and supports my movements as a “Robot Suit” in the real world, also when I take off it, it will be working as a “Humanoid” which take action together. After my death, APAROS will take over all my skills and memories to the artificial brain, and regenerate to the surplus dimension world as “New Me” to survive to the end of the universe.

Apart from discussing the feasibility and ethics of APAROS, APAROS will belong to “One of Best Dreams” among the myriad dreams that humans dream of. It is a challenge to see the end of the universe. I have set APAROS Realization as one of my life work.

2018年8月末に出版される予定の私の『身体の夢』。その記念イベントの一つとして。

2004~2006年にJAXAとの共同研究の中で多関節ロボットプロジェクトに参加した経験を生かし、その後考えてきた内容を加え、『APAROS計画-私の分身としてのAIロボット』として、2018年9月27日にワルシャワのコペルニクス科学館で発表する予定になった。

APAROSは、Net上では私の「秘書ロボット」として私に有用な情報を世界中から集め、現実世界では「ロボットスーツ」として私の動作を支援し、それを脱いでいる時には「ヒューマノイド」として私と行動を共にする。私の死後には、私のスキルと記憶の全てを人工脳に引き継ぎ、「新しい私」として余剰次元世界に再生し、宇宙の終末まで生き抜く存在になる。

このようなAPAROSの実現可能性や倫理についての議論は別に語るとして、APAROSは人間が夢見る無数の夢の中の最高の夢の一つに属することになるだろう。宇宙に対し、その終わりを見届けようという挑戦だからである。私は、APAROSの実現を自分のライフワークの一つとして定めた。
© 2015 Tokyo Space Dance