カテゴリー別アーカイブ: activity

Symposium “INTERNATIONAL BUTOH” / シンポジウム『国際舞踏』

I could receive an information about a symposium “INTERNATIONAL BUTOH” from Vangeline. I will hold it together with her on November in New York this year. From Sao Paulo, Cristina Elias will join this symposium as one of speakers. After this symposium My performance and Vangeline’s performance will be hold as 3 days program. Now we see a phenomenon called “2nd Butoh Boom” gets around the world, so this symposium will be an important meaning for it. We have a possibility to jump up Butoh to a new field beyond the difference of “Butoh with Darkness” and “Improvisation Butoh”.

今年11月にバンジェリンとニューヨークで開催するシンポジウム『国際舞踏』の案内が、彼女から送られてきた。サンパウロから、クリスティーナ・エリアスもスピーカーの一人として参加する。シンポジウム後には、僕とバンジェリンの公演が3日間実施される。世界中で「第二次舞踏ブーム」が広がっているため、このシンポジウムは大きな意義をもつだろう。舞踏は、「暗黒舞踏」と「即興舞踏」の違いを超えて、新しい領域にジャンプすることが可能である。

●Symposium “INTERNATIONAL BUTOH”
[date] November 13 18:00 
[venue] Howl! Art in Manhattan (6E 1st St, New York, NY tel; 917 475-1294)
[fee] free admission
[3 themes] “What is Butoh?”, “International Butoh”, and “What is Space Dance?” 
[demonstration] Tetsuro Fukuhara and Vangeline
●Performance “FLOWER SECRET by Tetsuro Fukuhara” and “Vangeline Theater”
[date] November 17 & 18 & 19
[venue] Triskelion Arts in Brooklyn
[require] Vangeline; vangelinetheater@yahoo.com / Tetsuro; jv4t-fkhr@asahi-net.or.jp

 

最終の到着地点? / final destination?

マリインスキーバレー団のロパートキナをテレビで見た。そのダンスは素晴らしかった。超絶的といえるダンステクニックと舞台の構成力が凄い。確かに彼女は世界で一位・二位を競う美しいダンサーかも知れない。しかし、「10分」だけに限れば、チリネも負けてはいない。チリネのダンスには深みがあり、ロパートキナと同じような清廉な美がある。簡単に優劣をつけ難い。ならば、この「10分」を、趣向を変え、間を入れながら、数回繰り返せば舞台は成立する。ロパートキナのダンスには年齢制限があるが、舞踏には年齢と共に成熟を可能にするという特別な力がある。チリネのダンスがロパートキナのような世界的評価を得られなくても、彼女の心にダンスがもたらす「至福な感情」が満ちる限り、それは問題ではない。

問題は、ダンスを愛したチリネが、年齢の壁を超えてダンサーとして成長していけるという事だ。例えば、日本には、舞踏だけではなく、武原はんや井上八千代のような高齢の素晴らしい舞踊家を生み出す地唄舞もある。チリネが、引退の必要もなく、60才になり、80才になり、そのような深みのある美を湛えたダンサーとして成長するならば、それこそが最終の到着地点として素晴らしい。

彼女が舞踏に惚れ込んだ理由は? / What is a reason she loved Butoh so much?

チリネが『Spiritual Journey』の撮影を終わり帰国した。小さい時からダンスを始め、僕が1996年にベイルートで出会った時は20才。40才になった彼女は今、レバノンとカナダのパスポートを持ち、夫の赴任先のマニラに住み、ロンドンの大学院の心理学の博士課程を取っている最中で、しかも二児の母なので、とても忙しい。そんな彼女が舞踏に惚れ込んだ理由は何か?

 I could finish to catch Chirine’s “Spiritual Journey, then she returned to her country. She started to study a dance from the child and she was 20 years old when i met her at Beirut on 1996. Now she is 40 years old, she has two passports of Canada and Lebanon, now she lives in Manila, the city of her husband’s job, and she is in the middle of taking a doctoral course of psychology at a graduate school in London, besides she is a mother with two children, so everyday she is very busy. Why such Chirine loves Butoh so much?

チリネのスペースダンス / Chirine’s Space Dance

現在、チリネが来日し、彼女の『Spiritual Journey』を撮影中。彼女は、僕が1996年に激しい内戦が終わったばかりのレバノンの首都ベイルートでスペースダンスプロジェクトを実施した時の参加者の一人。彼女はその後波乱の人生を生き、世界の各地を移動し、20年ぶりに東京で出会った。彼女は僕が教えた舞踏で人生が変わったと言い、今では素晴らしいスペースダンサーの一人。

Now Chirine Karame come to Japan and we are creating her “Spiritual Journey”. She was one of participants of Space Dance Project when i hold it on 1996 at Beirut, Levanon after the very hard civil war. Since then, she lived a stormy life and she moved to several foreign cities, finally i could meet her again after 20 years. She said to me she could change her life through my Butoh teaching and now she is a very nice Space Dancer.

 

© 2015 Tokyo Space Dance