カテゴリー別アーカイブ: Blog B-Social Design Research/ブログB〜社会デザインの研究

ダンスとは何か? / What is dance?

「社会デザインの研究2」
ダンスとは何か? 「ダンスとは<姿勢の調整と創造>である」と読み解けば、自然にダンスをデザインとして社会化するための道が見えて来る。「姿勢の調整と創造」は、ダンサーたちだけの仕事ではなく、ふつうの人たちが毎日あらゆる瞬間に無意識にやっているふつうの行為だからである。スペースチューブは、このふつうの人たちの「姿勢の調整と創造」という行為をサポートし、意識化させるために誕生したとも言える。

[Social Design Study 2]
]What is dance? When we understand dance as “Dance is a Regulation and a Creation for the Posture” we can find one way to socialize dance naturally as a design. Because this “Regulation and Creation for the Posture” is a common behavior not only by dancers but also by usual people, usual people are doing this behavior every day, every moment in their life by unconsciously. So, I can say that our Space Tube was born to support usual people’s this behavior. In a Space Tube usual people can try to do this “Regulation and Creation for the Posture” by consciously like a dancer.

ブランドの新しい登場

「社会デザインの研究1」
ザ・ノース・フェイスの初代社長ハップ・クロップは、自分の会社の仕事は「社会を変えてゆく仕組みを伴ったものでなければならなかった」と言っていた。『スペースダンス・イン・ザ・チューブ』も、これまでとは異なった方法で新しい身体文化を開拓し、身体ケアの新しい方法を社会に提供できる。スペースチューブという異次元空間への入り口を思わせるやわらかい空間装置は、ブランドの新しい登場となり、世界中の古くなった装置や器具を新しいものに取り替える運動の一翼を担える。新しい視点から、「教育・健康・福祉・アート&サイエンス・環境・宇宙」の6つのテーマによる社会デザインを実践できる。

© 2015 Tokyo Space Dance