SPIRITUAL JOURNEY

“SPIRITUAL JOURNEN, Seeking ELENA”

“スピリチュアル・ジャーニー、エレナを求めて”

This is my “Mythical Journey” to go to find my lost girlfriend ELENA, she died youth, together with my dear space dancers. Through this journey I tried to reach  “Surplus Dimension“. Because I felt she lives in Surplus Demension.
これは私の若くして死んだ恋人エレナに、スペースダンサーと共に会いに行く「神話的な旅」である。私はこの旅を通じて「余剰次元」へのアプローチを試みた。彼女は「余剰次元」に住んでいると感じたからである。

[1] DREAM / 夢

I had a dream. In my dream I was traveling to one “Memorial Planet” to meet with my missing ELENA. I would like to stand up on the edge of the Universe to understand “Those Who Exist” truly through her guidance. 
私は夢を見た。夢の中で、私はエレナに会うために「懐かしい惑星」に向かって旅をしていた。私は「存在する者たち」について真に理解するためにエレナの案内で宇宙の果てに立ちたい。

[2] MEDITATION / 瞑想

Every morning I sit down with a meditation to know my way. I have been living with a feeling I have a true unknown “Vocation“. What is it? 
毎朝、私は坐る。私の行くべき道を知るために。私には私がまだ知らない「仕事」が残されていると感じて生きてきた。それは何か?

[3] AWAKNING / 目覚め

One day I awaked up and I could understand myself. In my dream, Elena, surrounding by flowers, come and sat down next to me on the bed peacefully, then she whispered in my ear “All right, the time come.”
ある日、私は目覚め、理解した。夢の中で、花々に囲まれたエレナが私の枕元に来て静かに座り、耳元で「さぁ、時が来た」と囁いた。

[4] PURIFICATION / 禊ぎ

I went to the habitual sea to take a purification to purify my body and mind, and I started a preparation for my journey. Ah, my heart is throbbing violently. My earnest time will be coming soon. If I don’t go now, sure I should be suffocated. I have been suffering this way to become a new life form.
私はいつもの海に行き、心身を清めて旅立ちの準備を始めた。私の胸が熱く高鳴っている。待っていた時が近づいている。いま行かなければ私は窒息してしまう。「新しい生命体」になりたくて私はこんなに苦しんできたのだ。

[5] MARMAID / 人魚

When I was sinking in the water of the sea, various memories revived in my mind. A long time ago, I felt I went up to the ground as a “Marmaid“. There is also a legend that the marmaids are the ghosts of animals who had returned to the sea and become dolphins and whales long ago when they didn’t remember anymore. I don’t know if they regret or they are  inviting humans to the sea.
海の水に身を沈めていたら、いろんな記憶が蘇ってきた。大昔、私は「人魚」として大地に上がったこともあった気がする。人魚とは、もう覚えていないくらい遠い昔に、海に還ってイルカやクジラになった動物たちの亡霊だという伝説もある。人魚たちは、悔やんでいるのか、それとも人間を海に誘っているのか、それはわからない。

[6] AFFORDANCE / アフォーダンス

My dance starts with living in the space. When I dance the space moves and “Fluctuation” is born in the space. Since “Surplus Dimension” appears in the fluctuation of the space, I am dancing while drawing ths surplus dimension into our world. But I don’t know the way how to put myself into the surplus dimension. 
私のダンスは、私が空間に住み込むことから始まる。私がダンスすると、空間に「ゆらぎ」が生まれる。余剰次元はこの空間のゆらぎに現れるので、私は余剰次元を私たちの世界に引き込みつつダンスしている。でも、どうしたら余剰次元の中に入れるのか。私はそれを知らない。

[7] NOSTALGIA / 郷愁

Through being united with the space I can stare at myself from the outside, then I find “Movements which I can’t understand as human’s” is mixed in my dance movements. In that time, I am stricken by strong “Nostalgia” that I can’t express by words. I understand “Stage of unknown movement’s world” exists behind our usual human’s movements. 
空間と一体になることで、私は自分を自分の外部から見つめることができ、私のダンスの中に「ヒトの動きとは思えない動き」が混じっていることを発見できる。そのたびに、私は言葉では表現できないつよい「郷愁」に襲われる。人間の動きには、それまで知らなかった「未知のステージ」が既知のステージの裏側に畳み込まれているのだ。

[8] DANCE, DANCE, and DANCE / ダンス、ダンス、ダンス

I dance, forever. Dance is a “Pleasure to renew a sense towards the world completely at the moment“. I am being filled now, so although I am alone, but I am not alone. Although I am humans, but i am not only humans. In my dance I am enjoying by myself because I see myself from far-off another planet. 
私は踊る、いつまでも。ダンスの楽しみとは「世界に対する感覚を一新する喜び」だ。私は、いま満たされて、一人なのに、一人じゃない。人間なのに、人間だけじゃない。私は、ダンスの中で、遠く離れた惑星から私を見て楽しんでいる。

[9] WILDNESS / 野生

I regained the “Wildness” that I had lost. Wildness is a regression and a jump with only a paper thin, a violence and a gentleness with only a paper thin. I shout, like a ferocious animal bark to the sky. While screaming, I felt that my former world was a wolf. I still have a dream of pure white wolf.
私は失われていた「野生」を取り戻した。野生とは、退行と紙一重の跳躍、暴力と紙一重の優しさ。私は叫ぶ、獰猛な動物が空に向かって吠えるように。叫んでいると、私の前世はオオカミだった気がする。今でも真っ白なオオカミの夢を見る。

[10] TRANCE / トランス

I could get in “Trance” first time in my life. Trembling in pleasure, my body began to be cramped. A temporal lobe of my brain shaking subtly, I bacame steadly “Transparent“. Beyond the time, exceeding the place, I sink into the vast “Sea of memories“, and I fall off from my body.
私は生まれてはじめて「トランス」に入った。からだが快楽で痙攣をはじめ、脳の側頭葉が微妙に震え、自分が「透明」になっていく。時間を超え、場所を超え、広大な「記憶の海」に身を沈め、私が自分のからだから脱落していく。

[11] INSPIRATION / 霊感

I heard Elena’s voice. “Inspiration” has come with me. A fear and an uplifting feeling get mexed up. She was always calm and kind, but sometimes she observed me with very scared cool eyes.
エレナの声が聴こえた。「霊感」が訪れた。恐怖と高揚とした気持ちが入り乱れる。彼女はいつもは静かで優しかったが、時々恐ろしいほどクールな目で私を観察している時もあった。

[12] DIVINE POSSESSION / 神憑り

Elena was calling me. I was led by Elena’s “Voice” and walked out in front of the unknown big shrine. With a “Divine Possession” I felt down into a big garden of this shrine, and I closed my eyes in spite of myself. What kind of event was waiting for me? I want to return if “Terrible death” was waiting, but if it was a “Beautiful death” I could push forward.
エレナが私を呼んでいる。彼女の「」に誘われて歩いて行くと、見知らぬ大きな神社の前に出た。私は神に衝かれたように広い庭に倒れこみ、目を閉じた。何が起きるのか? 「恐ろしい死」が待っているなら帰りたい。「美しい死」ならつき進める。

[13] LOVE / 愛

」ほど誰にとっても必要で、また悩ますものはない。「愛」ほどすぐ身近にあり、また遠くて不可能なものはない。人間はいつも「一人」だ。生まれてくる時も。表現の大切な時も。死ぬ時も。だから「一人」と「一人」をつなぐ「愛」という奇跡が生まれた。

[14] EMPTINESS / 空虚

私が多くの車が行きかう橋の歩道でダンスしていると、急にあたりに冷気を感じ、首の周りにヒヤリとした「空虚」を感じた。ダンスが生み出すものが空間を変質させているのかも知れない。余剰次元の入り口は意外なところにあるのかも知れない。

[15] BORDER / 境界

スペースチューブの中に入ると、そこに美しい「境界」があった。エレナをつよく思うと、感覚が澄み、通れないと思った境界を通過でき、生まれて初めて見る世界に出た。余剰次元がこんなに身近にあったとは。

[16] SURPLUS DIMENSION / 余剰次元

余剰次元には、世界から消えた多くのものが存在しているようだ。余剰次元では、「4次元の存在」と「5次元の存在」が同居しているようだ。ここでは物質の組成が違い、私のからだも意識も「別の物質」で構成されるのかも知れない。

[17] ELENA / エレナ

エレナが静かに眠っていた。懐かしい顔。失われた動物たちや、死者たちや、異星人たちも一緒に眠っていた。私の失われた恋人。さぁ、起きて、私の妻として復活して!

[18] BEWITCHING / 妖

エレナがゆっくりと目を覚まし、私を笑顔で迎えてくれた。そして静かに立ち上がり、世界でもっとも優しく、世界でもっとも妖艶なダンスを始めた。これほど美しいダンスを見たことがない。

[19] AFINITY / 親和性

スペースチューブという「不思議な閉じた小宇宙」では、私がどう動くかで空間の形が決まるため、母親の胎内に帰ったような「懐かしい感覚」がする。そんな思いがけない空間の経験が、私に世界についての「新しい認識」を与えてくれる。

[20] SIGN of BIRD / 鳥の痕跡

多くの人が毎晩「空を飛ぶ夢」を見る。私も大昔に空を飛んでいたに違いない。だから私の背中には「鳥の痕跡」が残されている。私は、昔、「山の向こう」を愛し、「海の向こう」を愛した。

 

 

© 2015 Tokyo Space Dance