NEWS & EVENT

●SPACE DANCE TOKYO & Other CIties 2018-2020

[Tokyo]

◎”SPACE DANCE 2018, When We see our Planet from Universal View Point”

[Time] September 9, Saturday 2018 11:00-17:00
[Venue] Tama-Rokuto Science Center 
URL: http://www.tamarokuto.or.jp
[Promotion] Tetsuro Fukuhara & Tokyo Space Dance
[Joint Sponsor] Tama-Rokuto Science Center
[Fee] Adult / 500 japanese yen. High-school Student-4 age / 200 japanese yen

Dear Everyone,

We will hold “SPACE DANCE 2018, When We see our Planet from Universal View Point” supported by Hiroyuki Iwamoto(Japan Aerospace Exploration Agency), Yoji Ishikawa(Engineering Department of Ohbayashi-Gumi Ltd.),  Anita Zdrojewska(President of Pompka Foundation / Publisher) and others at Tama-Rokuto Science Center in Tokyo on September 9.

Space Tube could debut at the United Nations in New York on April 2001, and it could debut through a study with JAXA on 2004-2006 in Tokyo too. Space Tube is a “Soft Space” using by a special cloth, everybody can experience “Condition like a Non-Gravity” and “New Balance” in a Space Tube. Space Tube has a Magic to make a smile with everybody.

On 2013-2018 at several museums, science museums and others in the world including Japan we could hold this project,and 330,000 people join this project to enjoy Space Tube Experience and Space Dance Performance. We would like to develop this possibility more. 
 
[Program]
 
●Section 1, Mainly for Parent & Child, and for People involved in Education 10:00 – 13:00

【1】10:00 – 10:20 “Space Tube Free Experience
【2】10:20 – 10:50 “Kids Space Dance Workshop & Performance” by akito & Harune and groupes of Parent & Child
【3】10:50 – 11:10 “Presentation; Space Tube Experience and Education” by Anita Zdrojewska(President of Pompka Foundation / Publisher)
【4】11:10 – 11:30 “Presentation; Space Elevator” by Yoji Ishikawa(Engineering Department of Ohbayashi-Gumi Ltd.)
【5】11:30 – 12:30 “Talkshow; Kids Space Dance as a Science Education” by Yuichi Takayanagi(Moderator, Director of Tama-Rokuto Science Center) + akito + Jimena Pierdant + Mine Soyler + Anita Zdrojewska + Yoji Ishikawa + Hiroyuki Iwamoto(Japan Aerospace Exploration Agency) + Tetsuro Fukuhara
【6】12:30 – 13:00 “Space Tube Free Experience

●Section 2, Mainly for General Public, Artist, Scientist, and Specialist 14:00 – 17:00

【7】14:00 – 14:20 “Space Tube Free Experience
【8】14:20 – 14:50 “Space Dance Performance” by Mine Soyler + akito + Yukiomi Kawasaki(NEC). [Composer & Player] Carlos Cornejo
【9】14:50 – 15:10 “Presentation; Frontiers of VR, AR, Artificial Intelligence, Robotics, and Space Development” by Yukiomi Kawasaki
【10】15:10 – 15:30 “Presentation; Space Development and Culture” by Hiroyuki Iwamoto
【11】15:30 – 16:30 “Talkshow; Space Design in Less-Gravity Environment” by Yuichi Takayanagi(Moderator, Director of Tama-Rokuto Science Center) + Mine Soyler + Anita Zdrojewska + Yoji Ishikawa + Hiroyuki Iwamoto + Yukiomi Kawasaki + Tetsuro Fukuhara
【12】16:30 – 17:00 “Space Tube Free Experience

※”PHOTO EXHIBITION” at Entrance Hall 11:00-17:00

[Booking]
Tama-Rokuto Science Center; Tel: +81 42 469 4152 URL: http://www.tamarokuto.or.jp
[Inquiry]
Tokyo Space Dance; jv4t-fkhr@asahi-net.or.jp

◎『スペースダンス2018~宇宙視点から地球を見ると 第1部・第2部』

[日時] 2018年9月9日(日)
[主催] 多摩六都科学館
[共催] 福原哲郎 & 東京スペースダンス
[会場] 多摩六都科学館 イベントホール及びエントランスホール
   (東京都西東京市芝久保町5-10-64)
[参加費] 入館料のみ(大人・500円 / 高校生〜4歳・200円)

『スペースチューブへの誘い』 多摩六都科学館・館長 高柳雄一

「GPS、気象衛星、放送衛星・・。無数の情報の海に生きる私たちにとって、身体で直接環境を知る感性の働きを意識する機会は急激に減りつつあり、人間にとって感性の働きを意識して感じる機会はそれだけ貴重なものになっている。チューブを使った体全体による世界の自覚体験、それによる表現の試みは意識下に埋もれている感性を蘇らせ、集団で共有できる新たな世界を知る冒険となるに違いない。多くの皆さんの体験的参加を呼びかけたい」

[第1部 親子・教育関係者対象] 10:00~13:00

スペースチューブの中では、健常な人も、何らかの障害のある人も、誰もが新しいバランスを獲得したり、浮遊したり、それぞれの知覚上の特徴を生かして全身的な感覚をとぎすまし、個性的に遊ぶことができます。思いきり挑戦してみましょう!
第1部では、『こども宇宙ダンス』の公演の他、子どもたちの想像力を刺激する石川氏(大林組)による『宇宙エレベーター』の開発のお話、更にイスタンブールとメキシコシティで実施している科学教育としての『子ども宇宙ダンス』の取り組みについても紹介します。

10:00~10:20 スペースチューブ自由体験
10:20~10:50 こども宇宙ダンス by akito & Harune + 親子グループ
10:50~11:10 プレゼンテーション『スペースチューブ体験と教育』by アニタ・ヅドロイエフスカ(Pompka Foundation代表 / 編集者)
11:10~11:30 『宇宙エレベーター』by 石川洋二(大 組・エンジニアリング本部)
11:30~12:30 トークショー『科学教育としての<こども宇宙ダンス>』 [司会]髙柳雄一(当館館長) [トーク]akito + ヒメナ・ペルダント + ミネ・ソイラ + アニタ・ヅドロイエフスカ + 石川洋二 + 岩本裕之(JAXA) + 福原哲郎
12:30~13:00 スペースチューブ自由体験

[第2部 一般・アーティスト・専門家対象] 14:00~17:00

第2部では、プロのダンサーによる『スペースダンス公演』の他、岩本氏(宇宙航空研究開発機構・JAXA)による『宇宙文化開発』、川崎氏(NEC)による『最先端の人工知能やロボット、宇宙開発の最前線』の講演があります。

14:00~14:20 スペースチューブ自由体験、
14:20~14:50 スペースダンス公演 by ミネ・ソイラ + akito + 川崎幸臣(NEC) [音]カルロス・コルネジョ(メキシコ)
14:50~15:10 プレゼンテーション『VR、AR、人工知能、ロボティックス、宇宙開発の最前線』 by 川崎幸臣
15:10~15:30 プレゼンテーション『宇宙開発と文化』(仮題) by 岩本裕之
15:30~16:30 トークショー『減重力環境におけるスペースデザインと文化開発』[司会]髙柳雄一(当館館長) [トーク]JOU + ピナール・シナカ + ミネ・ソイラ + アニタ・ヅドロイエフスカ + 石川洋二 + 岩本裕之 + 川崎幸臣 + 福原哲郎
16:30~17:00 スペースチューブ自由体験

※写真展 11:00 – 17:00 エントランスホール

[申込方法] 事前申込。はがき、館内申込書または以下のウェブで。
     URL: http://www.tamarokuto.or.jp
[対象・定員] 第1部~小学生とその保護者・親子20組40名 
         第2部~大人40名
[問合せ] 多摩六都科学館 電話: 042-469-4152
[応募締切] 8/27(月)必着 (応募者多数の場合は抽選)

※以上の多摩六都科学館への応募の他に、東京スペースダンス枠で第1部・第2部とも若干名が参加可能です。昨年9月の開催時にも多摩六都科学館では応募者多数で抽選になりましたので、東京スペースダンス枠をご希望の方は「人数分の参加希望者名」を添えて以下までメールして下さい。折り返し返信いたします。
[東京スペースダンス] jv4t-fkhr@asahi-net.or.jp 

…………………………………………
[all rights reserved copyright @ tokyo space dance 2018]

© 2015 Tokyo Space Dance